よくあるご質問
FAQ

コミュニティ・カーシェアリングについて

Q一般的なカーシェアリングとの違いは何ですか?
A目的と車の使い方が違います。『コミュニティ・カーシェアリング』は支え合う地域を作ることを目的として外出支援や乗り合いでのお出かけや旅行など車を柔軟に活用します。
Qどんな効果がありますか?
A地域コミュニティの活性化、QOLの向上、移動課題の緩和、地域活動の人材発掘等確認できています。
関連するアンケート結果はコチラで確認いただけます。
Qバスやタクシーと競合しませんか?
A全くないとは言い切れませんが、私たちが確認する限り、それほど競合している状況ではありません。なぜなら、交通サービスとしては不完全だからです。ボランティアドライバーの都合を最優先しているため、事前に利用について予約が必要であったり、片道だけしか都合がつかない場合も多く、タクシーのように思いのままに使用できません。また、バスや自転車で移動できる方は、変わらず利用されていらっしゃいます。コミュニティが介在しているからこそ、本当に困っている方が利用されるようになっているのです。
一方、利用されている方は、外出頻度が増える傾向にあります。結果、バスやタクシーの利用回数自体が減る人はとても少ない状況にあるのです。
Q運転代行を手伝ってくれる方なんて、地域になかなかいないのではないでしょうか?
A意外といます。これまでの経験から言うと、100世帯あれば、丁寧に探すと3,4人ほどは協力してくださる方がいらっしゃいます。そういった方々に安心して活動いただける環境をしっかり作ることが大切だと考えています。
Q事故の時、トラブルに発展しませんか?
A会員の方には、取り組みの趣旨や性質について理解していただき、ご家族の同意書をいただいた上で参加いただくなど、できるだけトラブルに発展しないような仕組みとなっております。また、ボランティアドライバーの方々は、とても丁寧に運転してくださるので、これまで大きな事故は起こったことがありません。
Q道路運送法に違反しませんか?(白タク行為となりませんか?)
A

私たちは道路運送法に抵触しないために、東北運輸局にアドバイスをいただきながら取り組みの仕組みを作ってきました。「ドライバーが運送行為(運送行為=車両の提供+運転行為の提供)の対価を受け取っている」とみなされると、道路運送法に違反する白タク行為とみなされます。そのことを踏まえ下記の3点を考慮した仕組みとなっています。

  1. 1.利用者は、カーシェア会を通して自ら車両の共同利用者として車(使用権限)を持っており、ドライバーは運転行為の提供のみを行うスタイルを採用しています。(運送行為ではなく運転代行)
  2. 2.車両の共同利用にかかった経費実費のみを利用頻度に応じて平等に分担する互助の仕組みを採用しています。(事業性のある運営形態ではない) 日々の運営に資金が必要なことと、清算の時にまとめた額の支払いがあると年金で生活されている方々にとって大きな負担となるためにつ「積立」のルールを決めて、利用頻度積み立てを行い、定期的に清算することで実費分担の仕組みを維持しながら運営を行っています。
  3. 3.送迎活動を行うドライバーは原則ボランティア(無報酬)で活動していただいています。
    1. 以上のことから、運送行為を行わず、事業性もなく、ドライバーも対価を受け取っていないことから3重で適法性が確保されています。

Q山間地域や過疎地では有効ですか?
A私たちが取り組んできたのは、仮設住宅や復興公営住宅の集合住宅が中心のため、山間地域や過疎地での経験はやや不足しているのですが、岡山県美作市では山間地域の人口約140人の集落に導入することができました。
山間地域や過疎地域では移動距離や時間が長くなることが特徴です。ドライバーの負担が大きくなりますが、協力いただける方がいれば、コミュニティがしっかりしているためお出かけの企画は盛り上がりやすいですし、積み立てのルールをしっかり設定さえできれば、意外と運営しやすい側面もあります。
公共交通との連携を図ればドライバーの負担を軽減させ、公共交通の利用促進につなげることもできると考えられます。
Qどれくらいの広さの地域で実施するのが適切ですか?
A石巻の場合だと大体町内会一つ位の単位で実施する場合が多いです。小さな規模で始めて運営が難しい場合は、適切なエリアまで広げていただくようにしています。
Qメンバーは何人ぐらい必要ですか?
A特に決まりはありませんが、石巻では大抵最初は4,5人位から活動が始まり、それが1年位経つと20人位の活動になっています。最終的には30人位になると活動が比較的安定してくる傾向にあります。(最も多い地域で約70人の会員がいる地域もあります)
Q町内会で運営するという事でしょうか?
A町内会で運営していただいても構いませんが、そうでない場合が多いです。あくまで有志による地域のサークルとして立ち上がり、その立ち上げのサポートを町内会が行ったり、また、活動が立ち上がってからは、連携したりしながら地域を盛り上げていただいています。
Qシェアする車はどうしたらいいですか?
A地域で準備いただくか、必要に応じて当協会で貸し出せます。導入サポートプログラムで導入を進める場合は、活動の立ち上げ期間は無償(車両の運搬経費は別途・期間の定めあり)でご使用いただけます。サークルが立ち上がってからはソーシャル・カーリースとして車を有償で借りていただきます。(一般的なカーリースと比べて借りやすい設定になっていると思います。)
Q『コミュニティ・カーシェアリング』導入サポートプログラムに申し込むとどんなサポートを受けることができますか?
Aこれまで、コミュニティ形成ができていない被災地でゼロから9地域立ち上げてきたノウハウをお伝えし、皆様の地域で車を扱った支え合い活動を安心して行えるためのサポートを行います。車を扱う活動に付随する様々な不安に対してお応えし、地域に合った形で活動が行われるよう、伴走的にサポートいたします。
Q『コミュニティ・カーシェアリング』導入サポートプログラムでは石巻以外でも協力いただけますか?
A大丈夫です。
Q『コミュニティ・カーシェアリング』導入サポートプログラムを受けるためにはどうしたらよいですか?
Aコチラよりお申し込みください。
Qコミュニティ・カーシェアリングが行われている現場が見てみたいです。視察は受け入れていますか?
A視察は受け入れています。詳しくはコチラをご参照ください。

よくある質問カテゴリー